北海道総合商事株式会社

Topics

トピックス

  • TOP
  • Topics
  • 【北海道総合商事】ベトナムにて高糖度トマトの栽培に成功。現地で高評価を受け、周辺国での販売を検討

北海道新聞掲載

【北海道総合商事】ベトナムにて高糖度トマトの栽培に成功。現地で高評価を受け、周辺国での販売を検討

北海道総合商事株式会社と株式会社アド・ワン・ファームは、食品製造・飲食業を営むLotusFID(ホーチミン)の3社における合弁会社<北海道ロータスファーム>を設立。

設立時にトマト栽培許可を得て、2018年2月にベトナム中南部のダラットでハウス栽培を開始。

2018年3月下旬に収穫を行い、2018年4月には高糖度トマトの販売を開始いたしました。

ベトナムの地域特性を活かした栽培法に加え、人件費も安価であることにより費用は日本での栽培時の10分の1程度に抑えられており、

ベトナムでは糖度5度前後の一般的なトマトに比べ、今回、糖度10度以上のトマトの栽培に成功。

また、2018年4月にホーチミンで開催されたLotusFIDの食品フェアでは、ダラットで栽培された260キロのトマトがほぼ完売。

現地にて非常に好評であり<北海道の農業技術を活かしたトマト>として、香港やシンガポール等の周辺国にも輸出をしていく計画。

販売予定価格は高価格帯を予定しているが、贈答用としての需要を取り込む。

LotusFIDの飲食店やスーパーマーケットにておいても販売を予定。

Recently

Archives

Category