北海道総合商事株式会社

language

Project

わたしたちが創ること

ロシア
ヤクーツク

ロシアごみ問題解決プロジェクト

ロシア全土拡大へ
ごみ処理施設の輸出

ロシア極東で燃焼時のダイオキシン発生を抑えたごみ処理施設の輸出に乗り出します。ロシア極東では、ごみが野積みされる地域も多く、環境に配慮した処理施設の需要がたかまっていたため、ごみの収集方法も含め極東を足がかりにロシア全土で事業展開を目指す予定です。

Background

2017年9月にロシア・ヤクーツク市のニコラエフ市長とごみ処理施設導入の覚書を締結いたしました。2018年には小型焼却炉を無償提供し、稼働状況を確認し、ニーズに応じ大きさなどを変えた設備を輸出する計画です。

ヤクーツク市とは、北海道総合商事が野菜の温室栽培施設を建て、拡張工事を続けている地域であり、併せて環境改善へ相談が寄せられていました。ロシア側が抱える問題に解決に協力することで道内企業の活性化を含め、双方に利点がある取り組みを広めたいと考えています。

Highlight

  • ヤクーツク市への無償提供
  • 焼却炉火入れ式
  • 焼却炉設備

Project Data

スタート時期
05 / 2018
業種
自治体
関連する国・地域
ロシア ・ヤクーツク
サポート内容
技術開発、海外輸出支援