北海道総合商事株式会社

language

Project

わたしたちが創ること

ロシア
ヤクーツク

通年型温室プロジェクト in ロシア

世界で一番寒い街で
野菜の通年生産に成功

ロシア・ヤクーツクは永久凍土で、野菜は輸入に頼るほかない地域でした。より安心・安全な野菜を届けるため、北海道のハウス栽培技術を輸出するプロジェクトがスタートしました。

Background

2016年春からスタートしたプロジェクト、まずはハウス建設の資材となるフィルムについては、極寒地で北海道の断熱技術についてテストを行いました。

冬はマイナス60℃にまで下がる地域です。そのため寒暖差100℃以上に耐えられる特殊フィルムを3層にし、断熱効果を持たせる構造にしています。熱源は天然ガスでお湯を沸かし、ハウスの室内温度を平均20℃に保っています。

およそ3ヵ月間でテストハウスを建設。資材、鉄骨、制御コンピューター、フィルム、技術の輸出をトータルで行いました。

2016年12月にはテスト栽培用のハウス1000㎡を建設、完全水耕栽培で水分・養分をセンサーでシステム管理しています。厳冬期は日照時間が3時間程度なので、ナトリウムランプで光合成をしています。
運営管理に欠かせない栽培技術をもつ人材の育成も行いました。ロシアから北海道へ実習生を受け入れ、今後現地で栽培していけるよう、技術指導を行いました。

2018年に第二期工事着工、栽培面積を10倍に増設。
2019年に第三期工事着工、合計32000㎡まで拡張予定。

Highlight

  • マイナス60℃
  • 技術者研修
  • ナトリウムランプ
  • フィルム試験
  • 設備工事
  • 育苗
  • 定植(コンピューター制御)
  • 収穫直前

Project Data

スタート時期
04 / 2016
業種
農業
関連する国・地域
ロシア ・ヤクーツク
サポート内容
人材育成、技術開発、海外輸出支援、貿易コンサルティング